【女性の脱毛】毛周期を知ってムダ毛を制す

レーザー脱毛は、毛の生えかわる周期(毛周期)に合わせて処置すると効果的だと言われています。

■毛が生えるメカニズム
毛穴全体のことを「毛包」といい、毛根の奥には「毛乳頭」という種のような球があり、その上部に「毛母」がくっついています。 この毛母細胞の分裂によって毛が上に伸びていくのです。 また人間の肌の色を決める「メラニン」は、髪にも含まれており、日本人の黒い髪の毛には非常に多くのメラニン色素が含まれています。

■『毛周期』とは?
毛は「伸びては抜け落ち、また生えてくる」というプロセスを繰り返します。 このサイクルを『毛周期』と言います。 この毛周期は、【成長初期】【成長期】【退行期】【休止期】の4期に分かれています。
【成長初期】・・・毛母細胞が分裂をはじめ毛根が作られ、毛が成長していきます。
【成長期】・・・毛乳頭から栄養を吸収して、毛は皮膚の表面に出て太く成長します。
【退行期】・・・毛母細胞が分裂を止め、毛根が縮小します。
【休止期】・・・毛根が縮小することによって毛乳頭と毛が分離し、毛が抜けていきます。
ここから数カ月~1年ぐらい活動を休止し、次の発毛のための準備期間となります。 この毛周期は部位によって違いがあります。

【カラダの各部位における毛周期】

部位休止期毛(%)成長期毛(%)休止期期間成長期期間
頭皮13853~4カ月2~6年
ひげ307010週1年
ワキの下70303カ月4カ月
外陰70303カ月4カ月
上肢802018週13週
下肢802024週16週
乳房7030

■毛周期とレーザー脱毛の関係性
レーザー脱毛を1回行えば、同じ部位から2度と毛が生えないというものではありません。 レーザー脱毛の特性から、毛根を破壊できるのは、【成長初期】と【成長期】の段階の毛だけです。 【退行期】と【休止期】の黒い毛がなく、毛根にもメラニン色素が存在しない時は、レーザー反応しません。 そういう場合は、その毛が【成長初期】【成長期】になってから処置を施します。 部位によって違いはありますが、約2カ月に1度のペースで、定期的に処置をするのがベストです。

  • 遊戯王カード
  • 雀荘専門
  • 春日部 歯科
  • 働く男女のための大阪結婚相談所
  • チラシスタンド
  • このページの先頭へ